• はじめに

    ゆずシードオイルは、ゆずの香りはほぼしません

    植物油と精油

    tane makiゆずシードオイルは、ゆずのから搾った植物油です。
    いわゆる”ゆずの香り”は、ゆずののつぶつぶ(油胞)に含まれる、精油(エッセンシャルオイル)の芳香成分です。

    アロママッサージなどでは、植物油(ベースオイル、キャリアオイル)に対して、約1%の割合で精油を加えて使用されるのが一般的です。

    実際どんな香りなの?

    木の実、穀物っぽい香りの後に、わずかにほのかに・・・ゆず?(かなぁ)と控えめに爽やかな香りが漂います。

  • tane makiのこだわり

    贅沢なオイルを、フレッシュな状態で届けたい。

    有効成分そのまま!ヴァージンゆずシードオイル

    植物の持つ有効成分を、壊さず失わずオイルにするために、搾油方法にこだわり、精製はしていません。

    詳細は《オイルができるまで》をご参照ください。

    新鮮なオイルをお届け!オーダーを受けてから搾油

    未精製のオイルは、メリットもありますが酸化が進みやすいというデメリットも。

    そこで、原則作り置きせずオーダーを受けてから搾ります。

    メリットを活かすためにも、デメリットを最小限に。

  • 原材料

    無農薬・化学肥料不使用で栽培されたのゆずの種、それだけ。

    ゆず1つに約30個の種

  • オイルができるまで

    ゆっくりと、じっくりと、自然の流れにまかせて搾る。

    洗う

    手洗いでシャカシャカ。

    種は全て手洗いです。

    冬の冷たい水にさらしても、手はむしろすべすべ・しっとり。

    種の周りについているペクチンのおかげでしょうか。

    干す

    天日干しでじっくりと。

    エビラに載せて、1〜2ヶ月程度ゆっくりと天日干し。

    ビニールハウス内とはいえ、とても天候に左右されます。

    カラッと晴天が続けば種が軽くなるのも早い。

    砕く

    細かく砕いて外の皮を外す。

    オイルを搾りやすくするための、ひと手間です。

    選る

    唐箕をぐるぐる回して、風で選別。

    細かく砕いた種を唐箕に入れて、風を起こして選別。

    軽い外側の皮が、勢い良く飛び出していきます。

    オイルが含まれる内側部分は、さらに2段階に選り分けられます。

    搾る

    1滴ずつ、じっくりと時間をかけて。

    加熱処理や、薬品抽出による2番搾りは行いません。

    種に直接圧をかけて搾る、いわゆる直搾り。

    低温圧搾一番搾り、ヴァージンゆずシードオイルです。

    素材の成分を、なるべく自然な形で抽出することにこだわっています。

  • shopping

    ***現在、ご注文はメールでのみ承っております***

    meguriya2015@gmail.comまでお問い合わせください。

    最新情報はFacebookにアップしていますので、合わせてご覧ください。

     

    なお、高知県内の川村雑貨店(須崎)、a new moon(安芸)、JOKI COFFEE(本山)、

    Saori Sweets(夜須)、Swimmy(高知市)、FARMHOUSE CAFE(土佐清水)、

    そして香川県のジャンキーノンキー(高松)に、サンプルとリーフレットを設置しています。

    ご注文・商品受け取りも可能です。

  • お問い合わせ

    ご不明な点やご質問がありましたら、お気軽にご連絡ください。

  • Special Thanks!

    tane maki × ○○○○○

    《実づくりは葉づくり、葉づくりは根づくり、根づくりは土づくりから》

    20年以上前に「有機の里宣言」をした高知県土佐山で、土づくりからスタート。

    生姜・ゆず・四方竹など高知県中山間地域の特産物の生産から、有機関連農産物を扱う農家の流通・販路を担う貴重な経営体としての役割も担う。

    tane makiは、公社とコラボして(現在は全面的なサポートをしていただいて)ゆずシードオイルを作成しています。

    高知市の源流域である中山間地「土佐山(旧土佐山村)」が拠点。 「人が自然の一部として生きる文化を育む」というミッションの実現に向けて 「学びの場づくり事業」「つながりづくり事業」「文化・社会づくり事業」  といった事業を展開中。

    tane makiは、土佐山アカデミー主催の「EDGE CAMP2014(過疎地域特化型・起業家養成プログラム)」に参加し、たくさんのアドバイスとサポートをいただき、誕生しました。

    土佐山のゆず農家さん。高校生時代は有機農法が子守唄だったという奥さんと、炭を活用して農業・畜産業、しいてはその周りの環境を元気にする"炭そだち"を作っている旦那さんの、猪谷さんご夫婦。

    tane makiは、2014年から種を提供していただくにとどまらず、ゆず栽培のこと、土佐山の歴史、加工の技術など様々なお話を聞かせていただきながら、壁に当たるたびに相談にものっていただいております。

    新しいものづくりや、新たな製造技術の開発などにチャレンジする県内企業を支援する、総合試験研究機関。

    植生豊かな高知の機能性植物を活かすプロジェクトや、競争力の高い県産酒開発のための新規酵母・酒米・醸造技術に関する研究などで、高知の産業振興を支えている。

    tane makiゆずシードオイルのはじめの1滴は、ここ、工業技術センターの実験室で生まれました!

    「これがダメなら、次これやってみ ましょう」という、研究員さんとのTry & Errorのおかげで、ゆずの種からオイルが搾れる!という自信と経験を得ることができました。